ルミキシルペプチドとハイドロキノンのメリットの違い

ルミキシルペプチド (lumixylpeptide) の美白効果は、あの強力な美白作用で有名な成分「ハイドロキノン (hydroquinone) 」の17倍だと、アメリカのスタンフォード大学で実証されたのは事実です。

 

ルミキシルペプチドとハイドロキノンの違い

しかし、これを聞くとルミキシルペプチドが全ての面でハイドロキノンよりも優れていると勘違いしてしまっても可笑しくはない言い方をしていますよね。

 

たぶんルミキシルを販売している側の策略だと思うのですが、私も気になっていろいろ調べてみると、あ〜なるほどなって思うことがありましたのでシェアしたいと思います。

 

実際のところを言うとルミキシルペプチドがハイドロキノンの17倍という効果を出したのは、ある一部分だけということなんです。(まあ一部分だけでもハイドロキノンの17倍の効果を実証したのは凄いのですが。)

 

ルミキシルペプチドとハイドロキノンの違い

ルミキシルペプチドの最大の特徴は、シミの元から抑制する効果です。

 

シミや黒ずみ、ありとあらゆる色素沈着は、メラニン色素の生成が原因でおこる肌トラブルになります。

 

更にメラニン色素はどうやって生成されるのかというと、原因にはメラノサイトだけが持っている酸化酵素「チロシナーゼ(tyrosinase)」というものが原因で生成されます。

 

メラニンはアミノ酸の一種ですが、チロシナーゼという酵素が結合することで、黒色メラニンに変化し、この黒色メラニンこそがシミや黒ずみ、くすみの原因となってしまいます。

 

>>ルミキシルシリーズ最安値の通販サイトはオオサカ堂>>

ルミキシルペプチドはチロシナーゼを抑制する効果が17倍

ルミキシルペプチドがハイドロキノンの17倍もの効果を実証したのが、このチロシナーゼを抑制する作用がハイドロキノンの17倍ということですので、要するに簡単に言えば、シミやそばかすの抑制効果がハイドロキノンの17倍になります。

 

ルミキシルペプチドとハイドロキノンの違い

すでに出来てしまったシミやそばかす、黒ずみに直接働きかけ、漂白していく効果のデータについてはハイドロキノンの方が上回っています。

 

シミ消しにはハイドロキノン(トレチノインハイドロキノン療法は最も効果的)を併用して改善してき、普段のスキンケアで今後シミを出来にくいお肌にしていくためにはルミキシルを使用することが他のドクターズコスメや美白化粧品を使用するより、圧倒的に効果が高いということになります。

 

この点を間違えてしまうと、ルミキシルとハイドロキノンを併用する方が効果的なのに、ルミキシルだけで時間をかけてしまったら残念な結果になってしまうので、注意が必要です。

 

正しい知識をもっていれば、より早く美白効果を実感することが出来ますので参考にしてみてください。

 

>>ルミキシルシリーズ最安値の通販サイトはオオサカ堂>>

オオサカ堂の「リアルタイム」売れ筋ランキングはこちら

関連ページ

ルミキシルペプチド美白成分の特徴
ルミキシルというドクターズコスメを、他の美白化粧品やドクターズコスメと比較して、違いや特徴を教えてと言われたら、まず最初に出てくるのが美白成分の「ルミキシルペプチド」です。
ルミキシルとニキビ跡の色素沈着
ルミキシル(lumixyl)シリーズを使用してニキビ跡の色素沈着を消していくには、トレチノインハイドロキノン療法という美白治療法を併用することが最も早くニキビ跡を消すことができる最善の方法だと言えます。
ルミキシル効果の間違った知識
ルミキシル(lumixyl)シリーズはシミやくすみ、そして美白を意識する女性にとって、とても有効な美白化粧品であることは間違いありませんが、やはり得意分野と不得意分野があり、効果的な使用方法はありますので説明していきます。

トップページ ルミキシル通販最安値 ルミキシルラインナップ ルミキシルの特徴 個人情報保護 推奨リンク集