ルミキシルでニキビ跡の色素沈着を消していくには

ルミキシル(lumixyl)シリーズを使用してニキビ跡の色素沈着を消していくには、トレチノインハイドロキノン療法という美白治療法を併用することが最も早くニキビ跡を消すことができる最善の方法だと言えます。

 

ルミキシルとニキビ跡

もちろんルミキシルによるスキンケアだけでも8週間以上使い続ければ、美白効果を実感することが出来ますが、肌のターンオーバーに合わせて徐々に薄くなっていくのですが、一日も早くニキビ跡の色素沈着を消してしまいたい場合、トレチノインハイドロキノン療法が効果的と言うことです。

 

トレチノインハイドロキノン療法は、東京大学医学部整形外科の吉村教授が美容学会で発表した美白治療法で、それ以降、多くの美容整形外科や美容皮膚科などで、最新の美白治療法として推奨されています。

 

トレチノイン治療薬とハイドロキノン治療薬を併用することで、お互いのメリットが更に効果的になり、美白の相乗効果が生まれる治療法です。

 

>>ルミキシルシリーズの価格最安値はオオサカ堂でした>>

トレチノインハイドロキノン療法とルミキシル

トレチノインハイドロキノン療法の特徴は、トレチノインを使用することで、肌のターンオーバーが促進して、新しく生まれる肌サイクル通常28日周期を14日間ほどに早めますの。更に新陳代謝が高まり、シミの元であるメラニン色素や色素沈着したメラニンが表皮の方へとどんどん押し上げられます。

 

ルミキシルとニキビ跡の悩み

また肌の内部ではトレチノインがコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分の生成を促し、新しく生まれてくる肌はみずみずしいキメの細かな潤い肌になります。

 

トレチノインは過剰な皮脂の分泌を抑制する効果もあるので、ニキビやニキビ跡で悩む女性にとっても効果的でメリットが多い治療薬です。

 

また強力な美白作用があるハイドロキノンですが、唯一弱点があります。それはハイドロキノンは浸透力が非常に弱いという点です。

 

ルミキシルとニキビ跡の悩み

ハイドロキノンはすでに出来てしまったシミの元を漂白するチカラが非常に強いのですが、その半面、色素沈着してしまった皮膚の奥のシミの元には浸透力が弱く、ハイドロキノンが届きにくいという点があったのですが、トレチノインと併用することでその弱点が克服されます。

 

トレチノインが肌のターンオーバーを促進するので、古くなった角質層が押し上げられ、ポロポロと剥がれ落ちますから、表皮は通常よりも薄く、浸透しやすい状況になります。

 

そして新しい肌がどんどん生成されますから、色素沈着したシミの元が肌の表面、表皮の方へ一緒に押し上げられてきますので、ハイドロキノンの成分が浸透しやすく、届きやすい状態になります。

 

まさにお互いの相乗効果が生み出す、美白治療法です。

 

トレチノインハイドロキノン療法は、シミやそばかすだけでなく、乳首の黒ずみを解消したり、身体の黒ずみ、肝斑の治療にも効果が高いので、多くの医療機関でも施術されている治療法ですが、治療に関する注意点を知り、トレチノイン治療薬とハイドロキノン治療薬があれば、自宅で簡単に治療ができるので人気になっています。

 

トレチノインハイドロキノン療法の注意点

トレチノインハイドロキノン療法で美白治療をする場合、治療開始後3週間ほどは、皮膚が赤みを帯びたり、肌がいつもより乾燥したり、皮膚がポロポロ剥がれ落ちたりしますが、治療の効果が出ている証拠ですので安心してください。

 

注意点については、治療中は肌が異常に乾燥しますのでいつも以上の保湿ケアと、外部からの刺激を受けやすい状態ですから保湿ケアはもちろん、冬でもUVケアなどの紫外線対策も万全にする必要があります。

 

メイクはいつもどおり出来ますので、お仕事がある場合でも治療することができます。

トレチノイン治療薬とハイドロキノン治療薬を購入するなら

トレチノイン治療薬とハイドロキノン治療薬は、美容整形外科や美容クリニックで処方して購入することができますが、保険適用外になりますので治療薬の費用もかなり高額になります。

 

ユークロマクリームとスティーバA

私が美容クリニックで処方してもらった際にはハイドロキノン4%を20gとトレチノイン0.1%を20gで約1ヶ月分、治療薬台だけで3万円以上かかりました。

 

トレチノインハイドロキノン療法の治療期間は3ヶ月を1クールとして考え、その後2週間治療をお休みします。まだ効果が足りない場合はまた3ヶ月の治療を始め、2週間休む。

 

この繰り返しで治療をしていきますので最低でも3ヶ月は治療する必要があります。1クールの治療薬代だけで10万円以上になりますから負担が大きく、続けられないという女性も多いのです。

 

その場合、個人輸入の通販サイトオオサカ堂を利用することで、費用は8分の1〜10分の1程度となり、経済的にかなり負担が無くなります。

 

私がいろいろ使ってみて、病院で処方された治療薬と効果が同じだと思った治療薬は、ハイドロキノンはユークロマクリーム4%(20gで1,500円程度)と、トレチノインはスティーバA0.1%(25gが2,200円程度)ですので、2つ購入しても1ヶ月分の治療薬大が4,000円弱になります。

 

トレチノインジェルは捨てました。

もっと安いトレチノインジェルという治療薬も使用してみましたが、これはオススメ出来ません。トレチノイン治療薬の色は半透明なので成分が薄いのか、効果が感じられず、さらにはセメダインのような鼻をつく臭さがあり、半分以上使わずに捨ててしまった程です。

 

多少高くても、効果があって、匂いも気にならない、信頼できるスティーバA治療薬を購入することをオススメします。

 

>>ハイドロキノン治療薬のユークロマクリーム最安値はオオサカ堂>>

 

>>トレチノイン治療薬のスティーバA最安値もオオサカ堂>>

オオサカ堂の「リアルタイム」売れ筋ランキングはこちら

関連ページ

ルミキシルペプチド美白成分の特徴
ルミキシルというドクターズコスメを、他の美白化粧品やドクターズコスメと比較して、違いや特徴を教えてと言われたら、まず最初に出てくるのが美白成分の「ルミキシルペプチド」です。
ルミキシルペプチドとハイドロキノン
ルミキシルペプチド (lumixylpeptide) の美白効果は、あの強力な美白作用で有名な成分「ハイドロキノン (hydroquinone) 」の17倍だと、アメリカのスタンフォード大学で実証されたのは事実です。
ルミキシル効果の間違った知識
ルミキシル(lumixyl)シリーズはシミやくすみ、そして美白を意識する女性にとって、とても有効な美白化粧品であることは間違いありませんが、やはり得意分野と不得意分野があり、効果的な使用方法はありますので説明していきます。

トップページ ルミキシル通販最安値 ルミキシルラインナップ ルミキシルの特徴 個人情報保護 推奨リンク集